JUMは国内で唯一の20種競技イベントを開催する団体です

JUMの歴史

  • HOME »
  • JUMの歴史

2005年2月

Japan Ultra Multieventsの前身である、TEAM PSYCHOATHLONが発足

2005年8月

アジアで初となる、20種競技・14種競技のイベントを開催。
青森県東北町で「サイコアスロン2005 in 青森」が開催。
20種競技、14種競技におけるアジア記録が誕生する。

2006年3月

小学生を対象とした「キッズサイコアスロン」(小学生室内5種競技)を開催。

2006年9月

2回目の20種競技イベントを開催。
サイコアスロンIBU2006」は千葉県勝浦市の国際武道大学陸上競技教場で開催される。
佐藤選手によってアジア記録が更新される。
伴選手によって10000mで種目別世界新記録が誕生。

2008年9月

3回目の20種競技イベントとなる「3rd PSYCHOATHLON」が開催。
水戸選手によってアジア記録が更新される。
島田選手によって三段跳びで種目別世界新記録が誕生。

2009年3月

20種競技の運営を行っていたTEAM PSYCHOATHLONが解散。

2014年1月

TEAM PSYCHOATHLONのメンバーを軸に、Japan Ultra Multievents が発足。
国立競技場のラストイベントとなる「ラストメモリアルゲームズin国立」を1月31日に開催。

2014年10月

ウルトラマルチイベンツアジア選手権2014を開催。

2020年?

ウルトラマルチイベンツ2020を開催予定。
種目は男女共に20種競技のみ。

 

メインスポンサー

メインスポンサー
  • facebook
Copyright © Japan Ultra Multievents All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.